岡 秀樹 - COWORKING EVANGELIST BLOG -

【寄稿】こうすれば成功する!デジタルマーケティング(3)

【寄稿】こうすれば成功する!デジタルマーケティング(3)

マーケティングオートメーションって何?

デジタルマーケティングの概念を理解し、扱いに慣れてきたら、次に取り組んでいただきたいのが「マーケティングオートメーション」(以下、MA)です。簡単にいえば、顧客との接点づくりから販売促進までを自動化するツールです。MAを導入することで、顧客の購入率を高め、リピーターを増やすことが期待できます。顧客体験を提供するシナリオ設定などが必要なため、構築するまでは多少時間がかかりますが、できてしまえば、後は自動的に成果を出す強力なツールとなります。最近では安価なサービスも増えてきており、中小企業でも随分と導入しやすくなりました。

 MA導入にあたって、まずはカスタマージャーニーを想定するところから始まります。顧客が商品に出会い、購入を検討している段階で、顧客が購入するか迷いが生じることを想定し、事前に割引クーポンなどのキャンペーンを用意します。顧客がこのクーポンを取得するためにメールアドレスなどの情報を登録したら、MAはこの登録された情報やIPアドレス情報などを基に顧客を分類し、事前につくったシナリオで販売促進を行います。たとえ購入に至らなかった場合でも、後ほどフォローアップするサービスをメールで提案することもできます。

 MAは、細かい設定ができるものも多く、優良顧客だけに特別待遇のメールを送ったり、購入に至らなかった顧客には、定期的にキャンペーンを告知するなど、シナリオ次第で自動的に対応できます。つまり、MAは個々に合ったアプローチをすることが可能だということです。これは、顧客全体に対して同じ情報で宣伝するマス的なアプローチより、優れた「現代的アプローチ」と言えるでしょう。顧客との関係性を睨んだ情報提供を行い、行動を促す状況を提案することが可能となるのです。

リードジェネレーション

「集客」のことで、有望な見込み客を集めるための活動です。

リードナーチャリング

「顧客育成」のことで、顧客の関心や購買意欲を高めていく活動を意味します。

リードクオリフィケーション

「選別」のことで、購入意識や検討度合などの基準で顧客の選分けを行っていきます。すでにリストがある企業などに有効です。

上記の3つをそれぞれ強化し、組み合わせることで、継続的および効率的にリード(見込み顧客)の育成を行い、売上拡大へとつなげることができます。

 次回は、「検索上位表示の方法SEO」についてお伝えします。

 

寄稿先:データマックス

お問い合わせ

こちらからお問い合わせください